日記(覚醒)

2022/02/17

Categories: diary Tags: book life

日記(20220217)

自分の集中条件がわかったかもしれない。

これはあれだ。

ネタバレになるんだが、五条が恵パッパに殺されそうになったときに

覚醒したところみたいな感じ。

覚醒笑手段

  1. 部屋を極力暗くする
  2. 毛布を頭からかぶる,ここで視覚は確保する
  3. ライトでもいいのでダークっぽい感じの曲を流す。ここはちょっと未確定。Vの曲適当に流してた。関係ないのかも
  4. 俺はかっこいい。ここでかっこいいとは自分からみたかっこいいであり、他うんこの評価は関係がない。俺はここで自分がヤバイ級ハッカーと信じていた。

ミヤモトマサシ曰く、痛いことしてたら実際痛い。

だがこれでいいのだ。

なぜなら俺をみてくれる存在はもともといない。

そしてみてくれているかもしれない存在、Twitterもない。

つまり、自分の評価こそがすべてなんだ。

V

いなにすちゃんの旅の途中懐かしすぎて3回くらい死んだ。

親が古い曲聞いて感傷に浸るのやっと少し理解できた。

うさだ、声かっすかすだった。

>> Home