http/3

2022/01/03

http/3

HTTP/3 とは?|BLOG|サイバートラスト

curl作者のOnline公開本?

Webの最新プロトコル「HTTP/3」、高速な処理を実現する仕組み | 日経クロステック(xTECH)

調査

HTTP/3とは何か?−UDPベースの高速新プロトコルの概要

UDP上に作成されており、そのため再送待ちの際にStream全体が停止しない。

つまり、transport層Protocol。

しかし、UDP層より上で再送や順序付制御を提供している。

UDPは上記の理由により高速である反面、CPU負荷が非常に高くなる傾向がある。

QUICは接続確立時に固有のCIDを発行し、それで識別する。

これにより通信中にNetworkが変更されても通信が中断されない。

UDP上の転送Protocol

QUICはUDPのUser空間に実装された転送Protocol。

QUICではStream到着順序は保証されない。

故にStreamAがこけても、Bは関係なしに継続される。

従来のProtocolではAでPacket Lossが起きるとBも止るようになっていた。

QUICはTLSv1.3の0-RTThand shake時にdataを含めることができる。

通常よりはやくStart Dashがキレるので、時間短縮できそう。


素早いHandShake

ここまで。


load balancing

インフラエンジニアなら気になるQUICのロードバランサ (方式編)

clientから見るとconnectionを張っているend hostはlayer7。

layer4による分散を行った場合

client - lb - srv

にて、lb -> srvにてconnectionを伸ばした場合、

通常UDPのlbは4タプル情報(送信先IPアドレス, 送信元IPアドレス, 送信先ポート番号, 送信元ポート番号)

にて分けますが、QUICでは同一のconnectionでもこれが一致するとは限らない。

quicはclientのIP address, portが変更されてもconnection維持は可能。

また、変更時のnegotiation内部は暗号化されているので、追跡も不可能。https://mintblog.hatenablog.com/?_ga=2.66752366.15256710.1632532426-1977540149.1625879509

>> Home