疑問点の抽出

2022/01/03

疑問点の抽出

IPアドレスの重複

TCP/UDP - IPv6 の基本

IPv6 アドレスをもらいたいノードがネットワークプレフィックスを

要求すれば、そのネットワーク上に存在している IPv6 ルータが

ネットワークプレフィックスを提供してくれます。

この情報を元にノードは自身の MAC アドレスや適当なランダムな値から

一意の IPv6 アドレスを自動的に設定します。

この機能を実装することで、運用者は余計な運用コストが必要なくなりますし、

利用者も IP アドレスを意識することなく使用できるわけです。

TCP/UDP - IPv6 の基本

これIPアドレス被ったりしないんだろうか。

->DADという重複チェックみたいなのはあるみたい。

ipv4もarpによるチェック程度しかなさそうなので、そんなのりなのかもしれない。

RAの際のルータ情報偽装は可能か

RA Guardみたいな対策してなかったらやばそう。

RA Guard

許可されてないデバイスからのRAを破棄するようだ。

参考

ipv6

IPv6チュートリアル~IPv6化ことはじめ~

IPv6セキュリティ はじめの一歩

>> Home